Now Loading...

Now Loading...

理事長所信

はじめに

第45代 理事長 花嶋 清徳

一般社団法人茨城南青年会議所は創始の頃から脈々と受け継がれている三信条を基に、時代に合わせた運動を展開し、地域から必要とされる組織を目指して歴史を築き上げてまいりました。
45周年を機にメンバーに自分たちが地域を動かすことができる自信を付けてもらい地域にインパクトを残すだけでなく、行政、市民、企業を巻き込んで青年会議所だからこそできる地域活性化の起爆剤となるような記念事業を行い、さらなる地域のステップアップにつなげ、組織の進化に結び付けます。
諸先輩方へJC運動ができることに心から感謝の気持ちを抱くと共に、日ごろ修練・奉仕・友情の三信条を基に運動してくれているメンバーへも感謝を伝え、共に45年の歴史や今後のビジョンへの共有を深めることで、LOMを誇りに思いメンバー同士が友情を深めることでモチベーションを高めていきます。そして、さらに進化を遂げるには継承と改革を続けていかなければなりません。「明るい豊かな社会の実現」という信念を貫き地域のためを想い、青年らしく失敗を恐れず突き抜けた運動展開をし、さらに地域に愛される組織となるようあり続けてまいります。
日本は超高齢化や少子化による人口減少に伴う生産年齢人口の減少が国内経済の低迷を招き、我々の地域も同様であります。同時に青年世代の減少による会員数減少に課題を持つ青年会議所が増え、組織の人財不足にも悩まされている現状があります。そのような停滞期だからこそ「心の余裕」を持つ必要があり、心の余裕を持つには綿密な計画と抜かりない準備が大切と考えます。周囲から見た自分の立場を把握し、何を求められているか気づきを得て、他者からの意見も素直に取り入れられるようになります。そして、前向きな姿勢になることで、自分自身の幸せや充実した気持ちを家族や市民に分けられる存在となります。我々メンバーが楽しみながら主体的に責任あるJC運動を行い、その姿を家族や市民が喜ぶ、それが明るい豊かな社会の実現に繋がると確信しています。

メンバー層が厚い組織へ

毎年新たなメンバーを迎え入れ県内でも有数のメンバーを抱えているLOMとなっていますが出向やLOM内の役職に対して関心が低くなっている現状があります。出向を最大限に活かし、その経験をメンバーに還元できるような気概と責任をもった人財の輩出を想定した時、数年後LOMの中心となるメンバーを管理職候補者に育成していくことが重要です。また、素晴しい事業を計画しても我々青年会議所の情報が効果的に市民や行政に届いていない現状があります。これからは情報を必要としている所にSNSなどインターネットを駆使した時代の流れに合わせた広報戦略を構築していく必要があります。経験年数・役職にふさわしいスキルを把握し、実践を通してJAYCEEとしての意識・行動や組織としての委員会マネジメント・財政面・コンプライアンス管理・出向者支援など経験させていくことでメンバー層が厚い組織へ進化させていきます。

将来を見据えた人財育成

青年会議所は毎年変わる役職の中で、様々な実践経験を通して自己修練ができる組織であり、そこで得た成果を個々の活動に還元していくことができ、学んだことを他の分野でも活かしていくという認識が薄れ、事業にあまり参画していないメンバーがいる現状があります。街づくりをするには人づくりが不可欠です。「青年が積極的な変革を創造し開拓するために、能動的に活動できる機会を提供する」というJC運動の使命を再認識していく必要があり、現在と未来の課題を解決するには過去の実績を検証しどう考えたらいいか、どう行動すべきかを学ぶことで我々の課題やメンバーの状況に見合ったものにし、研修を通じてメンバー個々の成長とより大きな目的達成を楽しめる人財を育成します。

組織力を向上させる会員拡大

地域の未来を本気で考え、共に行動できるより多くの同志をみつける会員拡大こそが青年会議所運動の第一歩と捉え、メンバーが組織やJC運動に誇りを持ち、JC運動を楽しむ必要があります。そして、会員拡大を推し進めていくには、洗練されたかっこいい大人になり周りから憧れをもたれる存在でなければなりません。さらに、全員拡大の大切さを学ぶと同時に現在のメンバー構成を年齢・役職別に把握することで、今後どのようなメンバー構成になっているかを想定し、持続発展可能な拡大を行う計画をすることが必要です。メンバーが組織の価値を感じ、青年会議所に入会したことによって自分がどれだけ成長し、会社や家庭に還元出来たかを他者に伝えられるメンバーを1人でも多く育成することで、結果的にそこに魅力を感じた新たな青年の会員拡大に繋がると確信します。また、その1人1人の成功体験を積み重ね可視化することで、入会対象者が入会後の姿が創造出来るような会員拡大のツールになるシステムを構築し、メンバー全員で取り組む会員拡大に繋げていきます。アカデミーメンバーに様々な事業を通じJC運動に参画する価値観を醸成し、JAYCEEとして誇りを持てる人財へと成長させることで、会員拡大や事業の出席率向上につなげ組織力向上へと導いていきます。

世界とつながる 国際連携

2020年は東京オリンピック・パラリンピックの開催やJCIの世界会議が我が国横浜で開催され、世界を最も近く感じる年であり、日本にいながら多くの外国人と交流できる絶好の好機を迎えます。我々日本人はまだ外国人に対して、自分の経験ではなくメディア等から得られる情報を頼りに判断していることが多くあるが直接交流をすることで、確かな判断が出来る様になり、自分の感性を磨くことができます。まずは自国の歴史や文化を改めて学ぶことで、ローカルな視点を持ち合わせ国際社会で活躍する自国を誇れる「和の心」がなくてはなりません。様々な文化に触れ、日本や世界各国の特色を知り、どのような課題を抱えているのかを理解することで、グローバルな視点にも立ちグローカル人財へと成長できます。自分だけに限った観点ではなくグローカルな視点からものを考えることのできる感覚を養い自国の常識に囚われず、より広い価値観や考え方で物事を捉えていく必要があります。そして、我々の持つJCIネットワークをフルに活用することで、経済連携の模索と友情の相互理解を深める交流を行い、国際感覚を養い世界でも活躍できる人財を育成します。

夢を抱ける地域活性化

我々は取手市、守谷市、つくばみらい市、利根町の3市1町の広域エリアで運動展開しています。都心から利便性が高い地域は人口が増えているが、電車が通っていない郊外では人口流出が目立ち、一つの街を見ても発展している地域もあればそうでない地域もあり、それぞれの地域で課題が違います。持続可能な街づくりを目指しJC運動をより効果的に発信するには、市民の声に耳を傾け地域が本当に必要としていることに目を向け、それぞれの地域で市民、行政、企業と友好な関係を築いていくことで、我々の知名度が上がり、市民の基に情報が届き易くなり発信力を高めることが出来ます。また、市民が必要としていることをJCのフィルターを通し、行政や各種団体とは違う青年会議所だからこそできる事業を運動展開することで、市民や行政、各種団体から必要とされる地域に根差した組織となることにつながり、明るい豊かな社会の実現に向けて進んでいくと確信します。また、子供たちを取巻く生活環境は多様化し複雑になっている現状にあります。物質的な豊かさや便利さの中で生活する一方で、学校での生活、習い事や自宅での勉強に多くの時間をとられ、ゆとりのない忙しい生活を送っています。そこでいかなる環境下においても実体験を基に学びを得ることで、新たな気づきや発見があり大きな志を抱き夢に向かっていける機会を提供し、主体的に行動できる人財を育成出来る街づくりを進めてまいります。

最後に

我々青年会議所は多くの人を巻き込み、メンバー同士が互いに目線を合わせ行動し、私が先頭に立って己を磨き背中を見せ行動していくことで、メンバーの意識、行動が変わり、さらにそれを見た青年たちが青年会議所に入会することに憧れるという持続可能な組織へと進化することを目指します。青年会議所はメンバー誰もがJC運動を楽しみ、己の成長を実感し、他者へ還元できる組織でなくてはなりません。送り出してくれる家族や会社に感謝を忘れず家族や社員の誇りとなり、未来を見据えた先進的な取り組みを続け、地域のリーダーとなり己を磨き輝ける持続可能な強い組織へと成長させることを約束して邁進してまいります。






目の前にいる家族を大切にしているのか

自社の明日を描けているのか、地域の未来を明るく描けているのか

この街を語る前に、己自身を律することから始めよう